IIDA ARCHISHIP STUDIO
  • Top
  • NewsNews
  • On going worksOn going works
  • About IASAbout IAS
  • WorkflowWorkflow
  • PublicationPublication
  • RecruitRecruit
  • ContactContact
  • AccessAccess
  • Library&cafeLibrary&cafe
  • EnglishEnglish
旗竿敷地に十字の中庭を設けたコーポラティブハウス
HOUSE
HOUSING

八雲コートハウス
Corporative House in Yakumo

長屋通路を囲むように住棟を配置しコートを設けた。住棟は周辺環境の密度を引き継ぎ、各住戸の独立性を確保するように分棟形式を採用する。各所で雁行型の平面をつくることにより、ドライエリアを確保すること、敷地を隅々まで使い切ることを両立する。大開口は、ドライエリアとその上空に面するように配置し、限られた敷地内に程よい距離感を確保することを目指した。一方で小さな窓は、他住戸や隣家と直接向き合わないように、適宜設けている。各戸のサッシュを色、素材、形式を自由とし、玄関ドアも要望に合わせて個別に設計し、建物の外観に多様性を持たせた。
外壁コンクリート打放し面はスケール感を抑えるため、鋸目地を用いた300mm刻みの割付けとしている。

This is a corporative house project in Tokyo. The volumes face
each other across lanes and a court yard is put in the center of
them. By using flying geese pattern planning, we try to use
whole parts of site area efficiently and get some areaways.

Design
11/2010-12/2011
Construction
5/2012-6/2013
Location
Meguro-ku,Tokyo
Total Floor Area
747.31㎡
Structure
RC
Floors
3/1