IIDA ARCHISHIP STUDIO
  • Top
  • NewsNews
  • WorksWorks
  • On going worksOn going works
  • About IASAbout IAS
  • WorkflowWorkflow
  • PublicationPublication
  • RecruitRecruit
  • ContactContact
  • AccessAccess
  • Library&cafeLibrary&cafe
  • EnglishEnglish
起伏する屋根が守る雪国の暮らし
HOUSE

新潟高田の家
House in Takada

新潟県の豪雪地に建つ住宅である。この地域では多い年には2mの積雪となる。屋根に積もった雪を降ろすために、通常の家屋では年に3 ~ 4回の雪下ろしをすることが必要という。これは高齢者が住むには、大変大きな負担となる。こうした雪国の住宅が抱える問題を解決することが、この住宅のテーマとなった。
特徴は鉄筋コンクリート造の屋根。降雪をセンサーが感知すると、そこに設けられたパイプから井戸水を散水して雪を溶かす。溶かした雪を流すべく、屋根は1枚の板を折り曲げて、連続したゆるい斜面をつくり上げている。それはまるで地形のようである。内部には、屋根のかたちが天井高さの変化となってそのまま現れ、高齢の建築主に配慮してバリアーを最小限化したワンルーム的空間を、さりげなく分節している。深夜電力を利用した床暖房など、省エネルギーと快適さを両立させる設備の工夫も凝らした。

This is a house for a old women located in a heavy snowfall area in
Niigata. The feature of this house is th RC toof. When the sensor
detects the snow,well water is sprinkled from piping on the roof
and water melts the snow. One sheet of roof is bent and creates a
continuous gentle slope to run the snow off the roof. It is a kind of
geography.

Design
1/2011-5/2011
Construction
6/2011-10/2011
Location
Joetsu City,Niigata
Total Floor Area
90.55㎡
Structure
RC
Floors
1/0